薄毛をなくす手術|髪の毛を植毛すればフサフサの状態に戻せる|口コミで病院を見つける

髪の毛を植毛すればフサフサの状態に戻せる|口コミで病院を見つける

男性

薄毛をなくす手術

鏡を持つメンズ

自前の髪が生える

薄毛の悩みから解放されたい人にとって、自毛植毛は救世主的な手術です。自毛植毛はアメリカでは一般的な薄毛治療法として普及しています。日本でも有名スポーツ選手などがしていると噂で広まり、その有効性が注目され始めています。そもそも自毛植毛を世界で始めに開発したのは日本人です。しかし、なかなか日本の医療機関で実用化せず、海を渡ってアメリカで花開きました。自毛植毛は普通の植毛と違います。自分の頭皮から元気な細胞を採取して、薄毛の部分に一つ一つ移植します。移植した細胞が頭皮にしっかり生着すれば手術は成功です。生着した細胞が頭皮から栄養を吸い取り、細胞分裂を繰り返して発毛します。元気な自毛が発毛するので、一生薄毛で困らなくなります。

すぐに効果がある施術

植毛と似ているようでまったく違うのが増毛です。増毛は人工の髪の毛を自毛に取り付けて、薄毛をカバーする方法です。自毛に直接結んだり、金属チップや接着剤でくっつけたりして髪の密度を増やしていきます。医療行為ではないので、育毛サロンなどで出来ます。増毛は自毛や頭皮に対して負担がかかるというデメリットがあります。しかし、植毛よりもかなり安くできます。自毛植毛の場合は100万円近くしますが、増毛なら100本10万円以下で出来ます。また、即効性があるのも増毛のメリットです。施術時間は2時間ほどで、直後から髪の毛がフサフサになります。メスを入れないので頭皮にキズがつかず、ヘアカラーやパーマ、ヘアカットも自由です。